テキストリンク
テキストリンク

ポケモン ゲーム

ポケットモンスター エメラルド

ポケットモンスター エメラルド



ポケットモンスター エメラルド

定価: ¥ 3,800

販売価格: ¥ 3,344

人気ランキング: 149位

おすすめ度:

発売日: 2005-11-23

発売元: 任天堂

発送可能時期: 通常24時間以内に発送






ルビ、サファ、エメ<金、銀、クリ
この作品で3作目(赤、緑、青、黄が1作目で金、銀、クリを2作目)ですが、退化したかな。金とかで朝、夜にしか出ないポケモンや曜日によってのイベントがついて、リアルタイムで遊べて良かったのですが、3作目では無くなってまってとても残念です。あと、なみのりが使えるまで行動範囲がすごく狭いです。ポケモンは水タイプが全タイプの中でめちゃくちゃ多いです。逆に炎、電気が少ないです。とりあえず3作品のなかでは難しいほうかな。今からポケモンやる人は赤、緑のリメイクかダイヤモンド、パールがオススメ。

ちなみに、3作目はこれ先に買ったぜ。
ルビーとかの時代は、ポケモン?「へっ!」だったんで、やらなかったが。

今の俺は、エメラルド買って「つまらん」、売って、DS発表「お?」やりてー(ルビーとかの方のー)で、50000円以上払って(新品、しかも高い)買い戻した。という始末。



なので、エメラルドをやったのが始めなんですが、それでもかなり昔のこと。思い出しながらぁ?。

えーと、バトルフロンティア?今ルビー持ってることになった訳ですが、当時持ってる時は実に面白くないのが多かった。で、今やりたいのがあるので説明(持っている当時もこれはよくやったのもだ)

・ポケモンレンタルバトル。これがかなり好みでした。(つまり、ポケモンの知識が問われるとか何とか)自分の手持ちパーティーは預けて、3匹新しいL50のポケモンを借りれます(確か、ランダム)

ですが、この3匹で勝って行くと、相手から一匹トレード可能。よって、自分のパーティーを少しずつ変えて行ってより強く、より弱点を少なく(まぁ、それなりの知識があれば本当に楽しい。つか、知識以前のそこまで知識は問われないが^^;)



昔のポケモンコロシアム64でもこういうのがあったが、あれも面白い。そんな感じです。



まぁ、後は、ルビーとかの違いは、あるっちゃある(かなり)まず、道具画面が数倍見やすい。今のダイヤとかとまったく同じ(技マシン選択時とか)(あの道具の絵もこの頃から出てました)



色々とそういうやり易い感じは増えて、えーと、後はストーリーかな。

これが長いし無駄。



と、いうか、ルビーやって。え?こんなにすっきりしてるの?と思う。

始めにやったのが、エメなので、エメはね、マグマ団やら何団がかな?りたくさん、も、かんなり!たくさん居る。アジトとか、多いなぁってしつこいなぁって、そしたら、ルビーではアジト一回しか行かなくて。



バトルFのレンタルがもう手元にないのが惜しいが、全体的には、ルビーのほうがいい。

長すぎるのはどうかと思う。あ、ポケモン動くのは、ダイヤのほうがいいし、でもじれったい(エフェクト長すぎて邪魔)OFFにせざるを得ない(ごめんなさい。開発者(笑い))



ダイゴが、結構良かった。イベントも増えて、ダイゴよく出てくるよ^^

最後は倒せなかったなぁ・・・。何かやる気なかったのかな。今のメンバーなら可能。L70以上。(ダイゴパーティー)(金でいうレッドかな)



あの後だけは気になる^^;

最終的に、面倒なものが多いので、ポケモンを何週もして(パーティーとかかえて)楽しむ俺とかそーゆーのは、ルビーのほうが、クリア楽。(時間差)



先にルビーとかをやった人はこっちの方が安いのでいいかも。でも、ルビーの方が面白いな。と、思いました!以上です!

(まぁ、まずはルビーからでしょうね)

そーゆーと、ルビーよりもダブルバトル多い。これは一気に肩が付くので早くてよかったわ。ダイヤでもあるが。でも、ダイヤとは(んなこと言わなくてもいいか、ここで)、ダイヤとのダブルバトルは相手が強すぎ(理由は、バトル後に回復してくれるパートナーがいたり)まぁ、ダブルバトルは。

タンタン♪

親父のポケモンデビューは緑翠玉
 今年の秋にDSのポケモン(本編)が出ると聞き、ポケモン未経験の私は、(GBミクロも手元にあるので)下調べのつもりでこの「エメラルド」を購入しました。

 結果、GBASP本体に「ルビー」と通信ケーブルを追加導入することになりました。おそらく、その他の各本編も揃えることでしょう。。。(WiiのGC互換を信じて「ポケモンボックス」も揃えてしまいました。)

 ただ、DSに持って行ったポケモンは、GBに戻って来れないという制限は、今後の主流・展開を読みにくくしていると思います。(Wiiによって奇跡の生還でもするのかしら)



 しか?し、娘(幼稚園児)のポケモンマスター(師匠)として、お父chanは日々努力するのであった。。。



2006.11.20追記

 娘の「ルビー」とポケモン交換をしております。が、DS&Wiiの主流路線は確定、、、と自分自身を納得させました。けれど、未だに通信対戦できていない、未熟な親子であります。


ポケモン ゲーム

ポケットモンスター パール(特典なし)

ポケットモンスター パール(特典なし)



ポケットモンスター パール(特典なし)

定価: ¥ 4,800

販売価格: ¥ 4,080

人気ランキング: 28位

おすすめ度:

発売日: 2006-09-28

発売元: 任天堂

発送可能時期: 通常24時間以内に発送



質実剛健の男性的なイメージのダイヤモンドにくらべ、才色兼備な女性的なイメージのパール。いやはや見かけによらぬもの。遊んでみると、そのこってりとした歯ごたえはダイヤモンドもパールも関係なく、背脂こってりのとんこつ味並み。

一本あれば100時間も200時間も熱中できる、まさにRPGの究極系だ。10年もの歴史を持ち、これまで約490種類ものポケモンが登場した『ポケットモンスター』シリーズだけど、今回はその図鑑も一新。新旧あわせた150種類のポケモンを図鑑に記録することが旅の目的となる。なんといっても、うれしいのはニンテンドーDSのWi-Fiコネクションに対応していること。ダイヤモンドとパールは、それぞれ出現するポケモンの種類がやや違うものの、Wi-Fiコネクションにつなげばオウチにいながらにして世界中の人々とポケモンの「こうかん」ができる。

「ボイスチャット」で会話しながら「こうかん」や「たいせん」する楽しさは、まるで友達のリビングに遊びに行った気分。パールにしか登場しない伝説のポケモン「パルキア」を目指すのもいいけど、寄り道もまた楽しい! ずっと遊んでいたい、豚に捧げるにはもったいない真珠みたいな傑作だ。

(志田英邦 / ゲームライター・インタビュアー。インタビュー集『ゲームマエストロ』などを執筆)



グラフィック進化!?
プッ(苦笑)グラフィック鮮やかって言ってる人がいるね。何?ファミコンからスーファミぐらいに進歩したぐらいじゃん!ブームに踊らされんな!

ボリュームすごいです。
久しくRPGをやっていなかったのと、ポケモンは最初の赤以来だったことから購入してみました。



まず感想としては、ボリュームがすごので社会人の方には覚悟が必要です。

(私は帰宅中の電車の中でやったりしてます)

行動範囲が広がってくる辺りから、プレイヤーの遊び方にも選択の幅がずいぶん出てきます。

私はあれこれやりたい性質なので、なかなか本筋の方が進みません・・・



ゲーム自体はとても丁寧にできていて、大変楽しいです。

戦闘を繰り返しながらもちっとも殺伐としない辺りがすごく優しくて、いい感じのゲームだと思います。お子様に与えても安心ではないでしょうか。



タッチペンの使用について若干必要性が感じられなかったので1つ減点ですが、万人に勧められる良作だと思います。

すべてのポケモンここに集え!
確かにストーリーはマンネリ化していて何の面白みもありません・・・本格RPGばかりをプレイしている方にはキツイのではないかと思います。正直僕も初めの方駄目でしたが、ストーリーを全クリした後に本当の面白さがあったような気がしました。とにかくポケモン集めるために夢中になりました。アドバンスソフトからもポケモンを送れるので幅広いポケモンワールドが広がっていてとても楽しめました。後いろいろとポケモンを育成する上での隠し要素が豊富なので充分やり込めました。・・・まあ面白かったですよポケモン!

ポケモン ゲーム

ポケットモンスター ダイヤモンド(特典なし)

ポケットモンスター ダイヤモンド(特典なし)



ポケットモンスター ダイヤモンド(特典なし)

定価: ¥ 4,800

販売価格: ¥ 4,080

人気ランキング: 8位

おすすめ度:

発売日: 2006-09-28

発売元: 任天堂

発送可能時期: 通常24時間以内に発送



ポケモンが生み出す面白さは収集、戦闘に尽きる。
シリーズを通して毎回驚かされるのは、このふたつがゲーム開始30分で味わえるところだ。面白さの肝を出し惜しみせず、序盤から味わうことができる贅沢さは特筆に価する。

あとの展開は、この面白さが繰り返し押し寄せる幸福感の中毒みたいなもの。

ポケモンを求めて草原を探し、釣り糸を垂れ、洞窟へと入り込む。ときには夜中まで時間が過ぎるのを待ったり、大木に蜜をぬって虫ポケモンを待つ。どうしても欲しいポケモンは友達と交換して手に入れる。

ゲーム中にポケモンを見つけ出すことは快感だけれど、友達との交換はさらに快感だ。人間相手なだけに、常に駆け引きを含む取り引きは、プレイヤーの脳を活性化させる。いらないポケモンを相手に渡し、欲しかったポケモンを手に入れたとき、脳内の神経細胞は幸福感でいっぱいだろう。

「ダイヤモンド」ではWi-Fi通信に対応した。遠く離れた友達とも交換ができるのは、この幸福感から24時間離れられないことを意味する。

戦闘はポケモン最大の見せ場である。やっと探し当てたレアポケモンや、大事に育てたポケモンを人前に披露する快感は、いわずもがなだろう。

収集と戦闘。

序盤のわずか30分にポケモンのすべてがあると言い切りたい。

(柿崎俊道 / ゲーム、アニメ業界を中心に活動する編集・ライター。著書に『聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所めぐり』など)



ニンテンドーはダイヤモンドが好きなの?
携帯用ポケットモンスターオフィシャルサイトのダイヤモンド・パールの項目で色々情報を配信しているようです……が、新しい舞台やどうぐのページのディアルガ・パルキアに挑めという項目でのニンテンドーのパルキアにたいする扱いに失望しました。

ディアルガの表記は普通に『ディアルガ』なのですが…パルキアの表記は『(パルキア)』になっていたのです!!

カッコパルキアですよ!!何故平等に扱わないんですか!?

パール派のわたしはいい加減ニンテンドーのパールに対する嫌がらせにムカついてます。

もう少しパールを売り出してくれてもいいじゃないですか…本当にパールがかわいそうです……パルキアも強いんですよ…。

もしこのレビューを読んでくれた人でこれからダイヤモンドくんを買おうと思っている方々…出来ればニンテンドーに見捨てられたパールちゃんも買ってあげてください…お願いします(泣

この面白さをDSで!!
これまでGB・GBAと遊んできましたが、結構はまり長時間プレイしてきました。そしてこのDSに出るということになると嬉しかったです。

DSliteでプレイすると明るくて迫力があり面白さが上がります。新しいポケモンも増えて毎日遊ぶのが楽しいです。まだプレイした事がない人は早くやってみてください!普通にはまります。

バグってる→その後
ポケモンセンターの二階に行くと、途端、主人公が勝手に下の壁の向こうの黒い部分に突っ込んで出れなくなった。何度やっても街を変えても必ずこの状態になり、僕は二度と友達とポケモンバトルが出来なくなってしまった。何が原因なのか解らずお客様ご相談窓口とやらに電話をかけているのだが、今の所繋がらない。
こんな哀しい思いをするなら買わなきゃよかったと後悔しています。
プレイ時間68時間を返して欲しい。


…と、こんな事を過去に書いた訳ですがお蔭様で治りました。
なんかポケモンリーグからユニオンルームにはいると、その後このようになるらしく…いやはやまいった。
ネット環境が携帯しかないわたくしめにはなかなかこんな情報入ってこんのですわ。
また楽しくポケモンできます。すげーうれしい!
(当時ホントに悲しかったので、そのぶん☆-2で)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。