テキストリンク
テキストリンク

ポケモン ゲーム

ポケモンコロシアム (メモリーカード59付き)

ポケモンコロシアム (メモリーカード59付き)



ポケモンコロシアム (メモリーカード59付き)

定価: ¥ 6,090

販売価格: ¥ 6,090

人気ランキング: 1181位

おすすめ度:

発売日: 2003-11-21

発売元: 任天堂

発送可能時期: 通常1〜2週間以内に発送



「ポケモンコロシアム」では「シナリオモード」と「対戦モード」がある。シナリオモードでは、「ポケットモンスター ルビー・サファイア」では登場しなかったポケモンたちもゲットできる。そしてそのポケモンたちを「ポケットモンスター ルビー・サファイア」のポケモンと交換することもできる。
ポケモンたちはサイズ比までリアルにかつ3Dで描かれ、3D空間のコロシアムを縦横無尽に活躍。バトルには最大4人まで参加可能で、2対2バトルもできる。協力プレイでコンビネーションを決めよう。バトルにはGBAソフト「ポケットモンスター ルビー・サファイア」で育てたポケモンを、GBAケーブルを使って3D画面の中に参加させることができるのもうれしい。
シナリオモードでは、オリジナルのポケモンストーリーを冒険できる。冒険の目的は謎の組織によって悪の道具にされている「ダークポケモン」を奪い返すこと。本来ポケモンの世界では、たとえ悪者であっても他のトレーナーからポケモンを奪うことはできないが、『スナッチ』という能力を駆使することで「ダークポケモン」をゲットし、救い出すことができる。コロシアムでとことんポケモンたちを対戦させたり、シナリオモードで冒険できたり、GAMECUBEならではの美しいグラフィックなど、魅力がつまった作品だ。



賛否両論分かれそうなソフト・・・かな?
ついにポケモンをGCで戦わせられるということですぐに購入しました。
シナリオモードは、ストーリーがかっこよく、リライブは多少大変ですが
ダブルバトルを心ゆくまで行えるため、十分に楽しめたと思っています。
金・銀のポケモンを捕まえられるというのも素晴らしいです。
少し物足りなかったのがバトルモードで、コロシアムとバトル山100人
抜きだけでは少し不足していたと思います。コロシアムのLV100対戦は
もう少し難易度を抑えて良かったと思いますし、100人抜きとなると、
数の多さになかなか手を出すことが出来ません。とにかくバトルは、せめて
二人で対戦できるような作りになっていれば、文句なしだったと思います。
友達との対戦も、戦えるまでの時間が長く、同じ道具を持たせたりしていて
やり直しとなるとかなりのタイムロスになってしまいます。気楽に戦える
ようにして欲しかったです。その他を見ても、実況、レンタルポケモン
が無いというのは、64からのファンには厳しいと思います。
綺麗で派手な技のエフェクトはゲームキューブの成せる技であり、見ている
だけで楽しいものですが、任天堂の総力はまだまだこんなものではないと
思っております。

難度は高め
N64のポケモンスタジアムとは違い、主にストーリーモードを
楽しむ仕様になってます。
グラフィックが残念なことを除けば、なかなか良い仕上がりだと思います。
ただし難易度は結構高めなのでポケモン未経験の人にはお勧めできません。
ポケモン経験者の方ならそれなりに楽しめると思いますので、
1度やってみてはいかがでしょうか?

ツッコミ所ありすぎ(悪い意味で)
コロシアムは正直、期待外れでした。
まず、迫力が無い。キャラが生きて無い。
効果音が小さい。BGMにかき消されています。
エフェクトがショボイ。10万ボルトなんか、ただ火花が散ってるみたいです。
ポケモンの後ろにトレーナーがついているのですが、これまたツッコミ所ありすぎ。
モンスターボールを投げる動作がショボすぎます。
ポケモン召還後は、ただ立ってるだけ。ポケモンが倒れても見向きもしない。
こんなのなら、トレーナーは表示されない方が良いです。
対戦モードの1人プレイ時のルールも不親切。
トーナメントの出場条件レベルが、50・100のみ。50・100以内でも出場できますが、相手が全員レベル50・100になります。
レベルが合ってないと、長ったらしいバトル山100人抜きでしかまともに戦えないです。
もっと幅広いプレイができるようにして欲しかった。
全体的に、何もかも中途半端だと思いました。

ポケモン ゲーム

ポケモンボックス ルビー&サファイア

ポケモンボックス ルビー&サファイア



ポケモンボックス  ルビー&サファイア

定価: ¥ 2,100

販売価格: ¥ 980

人気ランキング: 1062位

おすすめ度:

発売日: 2003-05-30

発売元: ポケモン

発送可能時期: 通常24時間以内に発送



「もっとバトルが強くなりたい」「もっといろんなポケモンを集めたい」というポケモンユーザーのために、NINTENDO GAMECUBEでポケモンを管理できるお役立ちツールが登場。GAME BOY ADVANCEソフトの『ポケットモンスター ルビー』、『ポケットモンスター サファイア』で持ちきれなくなったポケモンを、GBAケーブル経由でGCのメモリーカード59に預けられる。 GBAのカートリッジだけだと420匹までだが、本製品では60匹入る「ポケモンボックス」が25個あり、最大1500匹ものポケモンを保存できる。ポケモンを保存するだけでなく、「整理」「分類」「検索」「ディスプレイ」などさまざまな機能が付いている。預けたポケモンたちを調べて同じタイプのポケモンを瞬時にリストアップしたり、並び替えの機能を使って「すばやい」順などステータス順に並べ替えたりといろいろな使い方ができる。ポケモンをいろいろなステージに飾って楽しむディスプレイ機能では、背景やステージのデザインもさまざまに変更できる。 このほかルビー&サファイアをテレビ画面でプレイできたり、またボックスごとまとめて友だちと交換できたりするのもうれしい。本製品はポケモンユーザーのためのユーティリティ製品なので、GBA本体と『ポケットモンスター ルビー』あるいは『ポケットモンスター サファイア』は別途必要となるので注意してほしい。(江口謙信)



頑張れば・・・
はじめに、「みねうちチルット」の卵が手に入ります。そのうちに1500匹で「波乗りピチュー」が手に入るらしいです。私はまだですが・・・。楽しく整頓できて、おまけがつくってのが私的にはすごく便利で良いです。

管理ソフトとしては・・・
確かにルビー、サファイアのボックスから移して整理できるのはいいのですが・・
『メモリーカード59限定』である。
という罠まで待ちかまえているのはちょっと困ります。
それも59ブロックまるまる乗っ取るのは多すぎるような・・・
購入した時、PSOEP1&2と共有させるつもりでした(涙
その代わり、ソフトパッケージにいれっぱなしにできる為、紛失の心配もないのですがね
利点としては・・
「GBプレイヤーなしでポケモンルビー、サファイアができる。」
だけかも

テレビでプレイ可能
 このソフトの最大の特徴は、ゲームボーイプレーヤーなしに、ルビーやサファイアを、テレビでプレイできるようになることです。ただ。GBAケーブル(注:通信ケーブルとは別物)を持っていない人は、ケーブル同梱セットを買った方がいいでしょう。
 ポケモンが60匹入るボックスが25あるので、最大1500匹預けられることになります。実際そこまで預ける人はいないでしょうが、預けたポケモンの検索や並び替えができるのが便利です。
 ポケモンを預けるうちに、計4個、卵をもらえるそうです。我が家ではまだ1個ですが。値段も安くて、おすすめです。

ポケモン ゲーム

ポケモンXD 闇の旋風(かぜ) ダーク・ルギア

ポケモンXD 闇の旋風(かぜ) ダーク・ルギア



ポケモンXD 闇の旋風(かぜ) ダーク・ルギア

定価: ¥ 5,800

販売価格: ¥ 3,180

人気ランキング: 652位

おすすめ度:

発売日: 2005-08-04

発売元: 任天堂

発送可能時期: 通常24時間以内に発送






無理な事ですが;
FFのような、と書かれている方がいらっしゃいますが、むしろFF12のようなシステムの作品を作って欲しいです。そして出来ればPS2で・・・どちらも無理なのは分かっていますが、やったら面白いんじゃないかと。小さい子供に対象を限定するのではなく、大人も楽しめるストーリー重視で。このXDを見て感じました。

損した
内容があっさりしすぎで、あっというまにクリアしてしまった。今回、GCででるということで、FFのような奥が深く、壮大なファンタジーを期待していたんですけど、そんなものは微塵も感じられなかった。確かに、ポケモンの世界でそういったものを創造するのは難しいかもしれないが、それを乗り越えてこそゲーム作りのプロではないだろうか。

良い点、悪い点
悪い点から言うと
対戦モードであったコロシアムがなくなったこと。
シナリオ的につまらない、前作の主人公が出て欲しかった。(これは個人的なことだが)
対戦モードで実況があるなしか選べるようにして欲しかった。
時の笛がなくなった
良い点をいいます。
シナリオクリア後の特典が結構ある
手に入りにくい道具などが手に入る(しあわせたまごなど)
覚えないような技を覚えるから差別化ができるポケが出てきた
対戦モードの細かい設定ができるようになった(ステージ選びなど)
悪い点もありますが僕的には良い点の方が勝っているので、
それにコロシアムの続編ということもあるので、
買ったほうがいいと思います、ていうか買うべき。

ポケモン ゲーム

ポケットモンスター ルビー

ポケットモンスター ルビー



ポケットモンスター ルビー

定価: ¥ 5,040

販売価格: ¥ 4,435

人気ランキング: 301位

おすすめ度:

発売日: 2002-11-21

発売元: 任天堂

発送可能時期: 通常24時間以内に発送



世界じゅうのポケモンユーザーが待ちに待った「ポケモン」の新作がGBAでついに発売となる。GBAでのタイトルは『ポケットモンスター ルビー』。なにもかも新しくなった世界観や登場人物のなかで、興奮に満ちたポケモン集めの冒険の旅が待ちかまえている。物語の舞台となるのは、『ポケモン赤・緑』のカントー地方、『ポケモン金・銀』のジョウト地方とはそれぞれ少し離れているホウエン地方。水と緑に恵まれた自然豊かな地域だということだ。ある日、「ミシロタウン」の町に引っ越してきた主人公は、ポケモン研究者・オダマキ博士の研究所にあいさつに向かう。そこで遭遇したのは、博士が野生のポケモンに襲われている場面だった。今作の見どころは、ポケモンを前面に2体ずつ出し合ってのバトルが可能になったこと。これにより、相手と自分のポケモンのタイプと使用する技のタイプを前作以上に意識しながらバトルに望まなければいけなくなった。ほかにも、バトルのときに自然と発動される「とくせい」の能力をもつポケモンの登場や、ポケモンをいかに強くではなく「いかに大切に育てたか」を競う「ポケモンコンテスト」の開催など、新しい要素がいくつも追加されている。対戦ケーブルを用いれば最大4人対戦までできるようになったのは、GBAならではの楽しみ方といえるだろう。(荒沢有希哉)



まあまあ
アドバンスを買った記念に買いました

一応全クリしましたが全クリしてからはもうやってません

音楽がかなり良いですね♪

CDも買ったけど売っちゃいましたが・・・

まぁ、まぁ。前2作と比べると育てるメイン。ストーリー皆無=つまらん。^^;
今回もまぁ、まぁ、な面白さです。

当然初代ほどの驚きがないのは、3回目ということで当たり前なんで、昔が良かったとか言う人は、気が知れていますね。

で、面白さレビュー:何といってもまぁ、まぁ、悪く言うつもりではないのですが、そこまで面白くはなかったというか、3回目だな、って感じな出来でしょうか?;

新しさは本当に欠けて来ているかな?と、言うか、今作から新しいものが多すぎて、それこそ前作のファンからすると、本当に子供向けになってらー、って感じでした。特にそう感じたのは、子供目線から見た子供の世界(例えば、ステージが夢一杯って感じの町がちらほら・・)

初代は、大人から見た子供の頃の思い出みたいなそういう意味で夢もあったし、(ゲーム内では結構)ダークなロケット団も、ひっそりした街も大人は、楽しめた。都会に行く感覚なんでしょうね。

新しいもの:性格=面倒、特性=面倒 改善するほうがいいですね。

より取っ付き易く。面倒な面が増えて、ポケモンのストーリー面も無くなってなんか、育て屋になってます。



話し変わって、金銀ではどうだか忘れたが、今回のサファリはかなりある意味無いのが悲しい、昔はガルーラとか結構いてよかったが、今回は、過去シリーズのポケモン探し、それなら行かないって・・・。

サファリゾーンでも新ポケモンの珍しいのいないと行く気しませんてばよー^^;



次回作では、又あのミニリュ?を始めて釣り、ガルーラやケンタロスに感動した、ものを味わいたいですね^^;



関係ないですが、ダート自転車でしたっけ?跳ねるヤツ。なぜか私のは、横にジャンプしなかったんですけど、不良品でしょうね。(結構むかついた。)(他のは、出来たので、あーなんでそうなるのー)以上です

システムは文句無し
これまで赤、金、そして今作をプレイしていますが、間違いなく今作を一番やり込みました。

特筆する点は育成システム。今作で新たない搭載された「性格」は勿論、表向きには表示されない「努力値」「個体値」を考慮して育てれば、育成だけでも十分にやり込めます。根気は必要ですが、それが面白いんです。

新システムのダブルバトルも戦略性が非常に高い。ただその設定が通信対戦以外では殆ど用いられていないのは残念ですが。

それと大きな欠点を挙げさせていただくと、新ポケモンのデザイン性の弱さです。新ポケモンに初期のようなインパクトを持った種族は数種しか存在せず、低年齢向けのデザインと見受けました。

事実ポケモンの年齢層は一見低いように見えますが、中学生?高校生の年齢層も厚い。だからこそ、ユーザーをもっと考慮して欲しい。

故に面白さの評価は五つですが、全体的には四つです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。