テキストリンク
テキストリンク

ポケモン ゲーム

ポケモンチャンネル

ポケモンチャンネル



ポケモンチャンネル

定価: ¥ 6,090

販売価格: ¥ 6,090

人気ランキング: 4593位

おすすめ度:

発売日: 2003-07-18

発売元: 任天堂

発送可能時期: 通常24時間以内に発送



自分の家に突如として現れたピカチュウと生活する、というちょっと風変わりなゲーム。テレビ番組を通してピカチュウと仲良くなることが目的だ。約100種類のポケモンがMCを務める番組をピカチュウと一緒に楽しもう。 プレイヤーはピカチュウと協力して、「ポケモン放送局」というテレビ局から失われた人気番組の映像クリップを見つけ、テレビ局に返していく。番組に必要なすべてのクリップが見つかると、ポケモン番組が開始するようになっている。ニュース、クイズ、ショッピング、アニメなどさまざまな番組が用意され、登場するポケモンの特徴を見事に生かしているため思わず笑ってしまう場面も。見るだけではなくクイズ番組などには参加することもできる。ポケモンたちのセリフや声もすべてアニメと同じ声優たちが担当している。 「カードeリーダー+」対応で、色や模様の種類が増える「カードe+」が3枚同梱されている。そのほか、ポケモン映画の特典映像が見られる「番組拡張ディスク」も付いてくる。(林田信浩)



意外な面白さ、ほんわかムードで楽しめます。
 ポケモンのゲームをやり込んでいる人には、息抜き的に楽しめる良作!最初はピカチュウがテレビの中に入り込もうとしてぶつかったり、プレイヤー(ゲームは、自分視点です)になつこうとし、勢い余ってぶつかるなど、ピカチュウとのやりとりで親密度を高める必要があります。最初の1時間で、ピカチュウが遂にテレビに「十万ボルト」の技をかけ、壊れてしまった時には、ビックリするやら笑えるやら、展開は早いです。ソーナンスが司会するクイズには、プレイヤーも参加出来、正解すると50ポケ?200ポケ貰えます。そしてゼニガメが紹介するテレビ通販では、稼いだお金で実際にショッピングできる、という疑似体験が楽しめます。

 ゲームは、リアルタイムで進するので、屋外で出会えるポケモンもプレイする時間帯により変化します。また、初対面のポケモンに挨拶すると、3択のクイズが出され、正解すると「カード」が貰えるなど、ミニゲームも楽しめ、バトル抜きでほんわかムードで楽しめます。

 ポケモンに詳しければ、正解率も高く、これは侮れません!

これは!
ポケモン大好きな人は是非やってみてください。
これまでにない新しい感覚のゲームです。
ピカチュウとコミュニケーションしながらゆっくりリアルに進行するゲームの中で、
いつのまにかそこの住人となっている自分自身を発見することでしょう。
「明日は晴れるかな?」
「あ、今日から新番組スタートだっけ?楽しみーー」
なーんて。

最高
最高です。 このゲームは、
アニメの声優さんがポケモンの
声を担当しています。またオマケ
ディスクとかゲーム限定のポケモンアニメ入り!

ポケモン ゲーム

ふきぐるみ付きピカチュウポーチ(赤)

ふきぐるみ付きピカチュウポーチ(赤)





定価: ¥ 1,995

販売価格:

人気ランキング: 12391位

おすすめ度:

発売日: 2001-01-02

発売元: モリガング

発送可能時期:






ぽけもん
ゲームボーイといえばぴかちゅう
ぴかちゅうといえばゲームボーイ

ポケモン ゲーム

ふきぐるみ付きピカチュウポーチ(青)

ふきぐるみ付きピカチュウポーチ(青)





定価: ¥ 1,995

販売価格:

人気ランキング:

おすすめ度:

発売日: 2001-01-02

発売元: モリガング

発送可能時期:






ぴかぴかの・・・
ゲームボーイアドバンスでも使えるので
お子様にぜひどうぞ

ポケモン ゲーム

ポケットモンスター 赤

ポケットモンスター 赤



ポケットモンスター  赤

定価: ¥ 4,095

販売価格:

人気ランキング: 6588位

おすすめ度:

発売日: 1996-02-27

発売元: 任天堂

発送可能時期:



TVアニメや映画にもなった、かわいいポケットモンスター(以下、ポケモン)と一緒に冒険をする大人気RPGシリーズの第1弾。捕まえたポケモンを他のモンスターと戦わせながら育て、最終的に四天王を倒し、150匹のポケモン図鑑を完成させるのが目的のゲーム。同じポケモンでも、育て方によって強さや特長が変わってくるのがおもしろい。別売の通信ケーブルを使えば、他の人とポケモンの交換や対戦をして遊ぶこともできるようになっている。同時発売の『ポケットモンスター 緑』とはゲームの内容やストーリーは同じもの。登場するポケモンの種類が「赤」と「緑」で若干違っており、ロコン、ペルシアン、ニャースなどは手に入れることができない。全ポケモンを入手するには、両方をプレイするか、通信ケーブルで他の人と交換しなければならないのである。冒険して敵を倒す以外に、集めたり、育てたり、交換したりという楽しみが満載で、大人も子どもも遊べるゲームだ。(秋月昭彦)



単純に面白い
パッと見て子供用に作られた感じですが

普通にゲームとして面白いので誰でも楽しめると思います。

ぼのぼのとした世界観がいい。



赤が出た頃は小学生でした。いろいろと思い出があります。

どんな人でも気軽にできる
ポケモンはよく、子供向けゲームだと言われるがとんでもない!こんなに分かりやすくて面白いRPGが他にあるだろうか。RPGのストーリーといえば、個人的見解かもしれないが、堅苦しいファンタジーがほとんど。しかしポケモンは現在をイメージしたほのぼの系。ゲーム性にしても、複雑な設定は無いし、いつでもセーブできるから気楽にプレイできる。なんといってもこのゲームには、創造を絶する裏技が存在するのが特徴(?)。使いこなせば何でもできるくらい激しいし、普通にプレイしていても起こりえるのでかなり危険。



とにかく、子供も大人も1度プレイする価値アリですよ。

リザードン大好きです。
ポケモンブーム到来のキッカケとなった作品です。モンスターを戦わせて進化していくシステムは当時としては斬新だったと覚えています。このゲームを始めた頃、ミュウの噂が広まっていましたが結局何だったのでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。