テキストリンク
テキストリンク

ポケモン 書籍

ポケモンをさがせ!〈2〉

ポケモンをさがせ!〈2〉

相原 和典

ポケモンをさがせ!〈2〉

定価: ¥ 945

販売価格: ¥ 945

人気ランキング: 74862位

おすすめ度:

発売日: 1998-11

発売元: 小学館

発送可能時期: 通常2〜3日以内に発送






シリーズになっているので必ずほしがる
ため、購入しました。
なにせ、人気者総出演ですからね。
ところで、「ミッケ」という実写版の画像による、指定されるものを
探すシリーズ(糸井シゲサトさんが翻訳)があります。やはりシリーズ
になっています。あれは親が見ても(特に女親かも)
夢があって楽しく、乙女心をよみがえらせてくれる面もあり大好きです。
ポケモンシリーズはやたら目が回りそうで、子どもは好きでも
私(ちょっと年がいっている場合の親)は「大好き」にはなれません。
そのため減点2とさせてもらいました。

ポケモン 書籍

ポケモンをさがせ!

ポケモンをさがせ!

相原 和典

ポケモンをさがせ!

定価: ¥ 945

販売価格: ¥ 945

人気ランキング: 80885位

おすすめ度:

発売日: 1998-02

発売元: 小学館

発送可能時期: 通常24時間以内に発送






小さな子でも楽しめる
3歳になったばかりの娘でも、お兄ちゃんと一緒に楽しめる一冊です。7歳の上の子は「ミッケ」や「セブン」などが好きなので、ちょっと簡単かなと思いましたが、妹を助けてあげながら一緒に探している様子に、一緒に楽しめる本があるのだと改めて実感しました。下の子もお兄ちゃんが一緒にいろいろ教えてくれるので大好きな一冊になりました。

ポケモン 書籍

ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーンポケモン大百科

ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーンポケモン大百科

ファミ通

ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーンポケモン大百科

定価: ¥ 840

販売価格: ¥ 840

人気ランキング: 139177位

おすすめ度:

発売日: 2004-03

発売元: エンターブレイン

発送可能時期: 通常24時間以内に発送






ぜんこくずかんが無い・・・。
カントーの150匹だけのデータしか載っていないのが辛いです。
街やダンジョン、技などのデータが結構分かりやすいだけに残念です。

つかえる
登場するモンスターの出現場所、出現率、もちろん卵技ものっています。マップ攻略、攻略チャートも載っています。
さらに、技逆引きも載っていてとても便利です。

ポケモン 書籍

ポケットモンスター アドバンスジェネレーション大ずかん〈2〉

ポケットモンスター アドバンスジェネレーション大ずかん〈2〉

小学館プロダクション



定価: ¥ 840

販売価格: ¥ 840

人気ランキング: 138556位

おすすめ度:

発売日: 2004-05

発売元: 小学館

発送可能時期: 通常24時間以内に発送






コレがあれば、ポケモン博士?!
ポケモン入門に最適です。

大ずかん(1)と合わせて購入しましたが、子どもたちに大好評でした。

持ち運びできるサイズで、ページが厚紙なので、耐久性も良いようです。

電車の中や病院の待合室で、子どもがおとなしく見てくれるので、重宝しました。

それほど詳しい解説は付いていないので、ポケモンをよく知っている高学年の子には物足りないかもしれませんが、

カラフルで絵も良いので、字の読めない小さなお子様でも、見て楽しめるところが良いと思います。





ポケモン入門のお子さんに最適!
我が家では子供(5歳)が熱心に見て、熱心に読んでいます。
『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 大ずかん』(以下『大ずかん1』と記入)と合わせると、全ポケモン386匹を網羅できるそうなので、ポケモン入門のお子さんのために何を買えばよいのか悩むならこの2冊がお薦めです。
15cm四方で厚さ約2cm、40ページ。子供の絵本のような厚紙製です。角も丸くなっているし、子供が扱いやすいサイズです。
ポケモンの進化が一目でわかるレイアウトです。たとえば『ヒトカゲ→リザード→リザードン』のように並んで載っていて、本当に助かります!
ポケモンの名前、分類、高さ、特徴(50文字程度)が、カラーイラストと共に記載されています。(例えばリザードなら・・・リザード、かえんポケモン、たかさ 1.1メートル、もえる しっぽを ふりまわし するどい ツメで あいてを こうげきする・・・と書かれています。※‘特徴’の文章は絵本などと同様に、子供に読みやすく区切られた書き方です。)
中身はほとんどひらがなとカタカナで書かれていて、ひらがな以外には全てかなをふってあります。ひらがなを読めるお子さんなら、1人で集中して読みふけるに違いありません。
もくじは最初の4ページに50音順で載っているので、名前からポケモンを探したい時にも便利です。『大ずかん1』に載っていたポケモンを巻末(P37からP40)で紹介していて、目次にも名前とページがしっかり出ています(つまり目次には全386の名前が出ています)ので、検索も簡単です。
大人が見ると、詳細説明などかなり物足りなく感じますが、子供にはちょうど良い情報量のようです。まだポケモン初心者の我が家では、カラーイラストで進化順を追っていつでも調べることができる点が、子供のいちばんの喜びのようです。
値段もお手ごろで、ポケモン入門のお子さん(とお母さん)に、特にお薦めです!

ポケモンせいぞろい!
ポケモンだいすき息子が毎日見ている本です。
大図鑑1巻とあわせると全ポケモン386匹がすべて見ることが
できます。中にはクイズもあってポケモンを覚えるには最適の本です。
この本のおかげでカタカナも覚えることができました。
「早く3巻でないかなあ…」子供談

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。