テキストリンク
テキストリンク

ポケモン 書籍

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊 公式パーフェクトガイド

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊 公式パーフェクトガイド

スタジオベントスタッフ

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊 公式パーフェクトガイド

定価: ¥ 1,260

販売価格: ¥ 1,260

人気ランキング: 10913位

おすすめ度:

発売日: 2005-12-20

発売元: チュンソフト

発送可能時期: 通常2〜3日以内に発送






いーな♪
こんにちわ☆

みなさんは、「赤の救助隊,青の救助隊」を持っているんですよね。

いーな♪

わたしには、本当はトモダチもっといるんですけど、特別(?)な

トモダチが二人いて、そのふたりとも青か,赤か持っているんですよ。

見てたら、いいなーって。一人だけ仲間はずれっていやだから...

でも!だからって買って損するのはイや..

とりあえず!...もうちょっと観察して(!?)見てからに...

しましょうかねぇー(ぇ

ていうか、みなさんのたのしー♪という、コメント(?)をみてからにするでごやんす←(!?)わたしの話でしたけど、ここまで読んでくれて、

ありがとーね☆

(あ、また一行増やしちゃった(汗)←カッコの中にカッコ...)あ、また..



やりこみプレイに重宝!
最初のページからエンディング後の追加要素が載っている、ネタバレだらけのやりこみたい人向けの本です。

シナリオ攻略では、ダンジョンごとに入るための条件や攻略ポイントなどが見やすくまとめられており、特に宝物部屋のデータはレアなどうぐを手に入れるのにとても役に立ちました。

どうぐ関連では、装備品やグミなどの効果の詳しい解説があり、さらに欲しいどうぐを手に入れるのに”どうぐが出現するダンジョン逆引きリスト”が、手に入れたどうぐを活かすのに”わざ・ひでんマシンが使えるポケモン逆引きリスト”が便利でした。

また、開発スタッフさんのインタビューもあり、ポケダンの裏側をちょこっとのぞくことができます。



エンディング前・後を通して全てのダンジョンが載っているので、この本一冊で十分事足りますが、エンディング前に入るダンジョンについては『公式ガイドブック』のダンジョン攻略と比べるとあっさりと書かれています。(同じ内容になるからだとは思いますが…。)

「不思議のダンジョン」シリーズが初めてのお子さんのために本を購入するような場合には、「ダンジョン」の基本から丁寧に解説されている『公式ガイドブック』の方を、基本はバッチリで全てのダンジョンに挑みたい・全てのポケモンを仲間にしたいという方には、この本をオススメします。また、この本の”全ポケモンデータリスト”では満足できないという方は『公式ポケモン名鑑』を合わせてどうぞ。(本を複数購入するのは大変ですが、その分、情報はきっちり乗ってます。)

エンディング後の24種のダンジョンまでカバーしてこの安さ!
「ポケモン不思議のダンジョン」は、現在、子供達の人気ソフトの一つになっているようで、ゲーム店へ行くと、多くの子供達が親に「ねえ、これ買ってよ」と頼んでいる光景を見かける。しかし、ソフトに入っている解説書だけでは、解らない事だらけ。しかも、エンディングまでの23種のダンジョンをクリアーした後に待っている24種(エンディングまでより多い!)のダンジョンに入るために満たさなければならない条件が解りやすく解説してあり、全47種のダンジョンのフロア毎に登場する野生ポケモンの種類、難易度、攻略のヒントまで詳細に解説してあり、主なユーザーとなる小学生にも読めるよう、難しい漢字にはルビが必ずついている(当然か)。なお、エンディング後に入れるダンジョンの内、6種は何と99フロア有るのです!これは、難しい!しかも、エンディング後のダンジョンに入るルールとして、それまでに上げたレベルが1に戻り、「わな(見えない!)」が待ちかまえている、といった事が解説され、400ページのボリュームでこの価格は、攻略本としては、破格の安さです。うっかりすると、100ページにも満たない攻略本が1600円位する事もあるのに、これなら、子供に買ってあげられますよね。推薦!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。